副業で流行りより自分の「強み」に注目すべき3つの理由

スポンサーリンク
副業

インターネットで「副業」と検索すると、様々な副業関連のサイトが出てきます。


「初心者におすすめの副業10選」
「初心者には物販ビジネスがおすすめ」
「FXで月50万円稼ぐ方法」

などなど、例を挙げればきりがないほど副業のノウハウが出てきますので、初心者の方はまずそこで悩んでしまいます。


ここで初心者の方が判断を間違えやすいのが、流行っている副業に便乗してしまうことです。


流行りに乗ることは悪いことではないのですが、知識が0の状態からスタートすることはコスパが悪いということです。


成功者のやり方を真似して軌道に乗れば御の字ですが、大半の方は具体的に何から始めれば良いのか分からず、手探りの状態で時間を費やしてしまうか、諦めてしまうという方が多いと感じます。


今回の記事では、副業を始める上で自分の「強み」というのに注目すべき理由というのを具体的に解説していきたいと思います。


筆者の経験を元に解説しますので、少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです。

それでは早速本題へ参りましょう!

副業では自分の強みを活かすべき理由は3つ!

絶対に好きなこと、得意なことを副業にしないといけないのか?と聞かれればそんなことはないのですが、確立として「成功しやすい」と考えます。


私も元々は収入最優先で物販ビジネスを始めましたが、


「子供が小さいため在庫の管理にリスクを伴う」
「本業が忙しいと発送が遅れてしまう」
「外注しないと収益アップが難しい」


あくまで一例ですが、このような理由から自分には物販ビジネス向いていないと思い、途中でやめてしまいました。


私のように副業選びで失敗しないためにも、経験中から見て・感じたことを3つご紹介していきたいと思います。

理由1:好き(得意)なことなら長続きする

誰しも時間を忘れるくらい夢中になれることは一つくらいあると思います。


私の場合、釣りをしているときは1日があっという間に過ぎ去っていきます。


今こうして記事を書いているときも、あっという間に時間が過ぎて時間が足りないくらいです。


時間を忘れるくらい夢中になれることを副業にできたとしたら幸せではないでしょうか?


もし本業で自分がやりたいこと、夢中になってできることでなければ、好き(得意)なことや、やりたいことは副業で叶えてしまいましょう。


働くことは社会の義務のようになっていますが、副業は絶対にやらなければいけない事ではありません。


ということは、長続きしやすい副業をチョイスするというのはごく自然なことだと考えます。


「好き(得意)なことが分からない」
「やりたいことが分からない」


こんな方は自分にとって負担にならない(ストレスにならない)ことを意識して副業選びを進めましょう。

理由2:スキルが磨かれる

自分の得意なことを副業にすることで、スキルアップが大いに期待できます。


言い換えれば「得意なことやり続けたらお金になった」という結果がベストです。


例えば下記の例のように、


「エクセルが得意」⇒「データ入力作業の代行・帳簿の作成代行など」
「タイピングが早い」⇒「文字入力作業・インタビューの文字起こしなど」
「絵が得意」⇒「イラストレーター・LINEスタンプ作成など」


このように、今までお金を生み出さなかった能力でも、副業であれば能力を遺憾なく発揮することができるのです。


好きなことや得意なことであれば、仮に副業として失敗してもスキルだけは残ります。


不得意なことに手を出すリスクよりも、自分の得意なことをさらに伸ばすという気持ちで取り組んでみましょう。

moto
moto

本業のスキルが副業で活かせたらなお最高です!

理由3:流行りに流されない

上記の自分の得意なこととリンクしますが、好きなことを突き詰めれば、流行りに流されずに自分を貫いて続けることができます。


「FXが流行っている」
「今は仮想通貨が稼げるらしい」
「ユーチューバーが楽に稼げる!?」


などなど、常にアンテナを張って流行りに耳を傾けることは悪いことではないのですが、周りを気にしすぎると目移りしてしまい、あれもこれも中途半端になってしまいます。


「やると決めたらやる!」というくらいの気持ちで副業はコツコツを続けることが大切ですので、ブレない心というのがとても重要です。


どの業界も超が付くほどの有名な成功者はいますが、共通して地道にやり続けた成果が「今」であることを忘れてはいけません。

まとめ

今回は副業を始める前の「副業選び」「心構え」を中心に解説してきました。


「当たり前のことばかりじゃん!」という声が聞こえてきそうですが、この基本的なことを実行に移すというのが副業の難しさなのかなと感じます。


副業経験のない方がダブルワークをしようと思うと、


「コンビニで働く」
「建設現場で働く」
「内職をする」


というように、求人情報にありそうなアルバイトを選んでしまいがちです。


ですが今回の特集のように、自分の好きなことや自分の得意なことを副業にすることができれば、内容によっては在宅で収益を生み出すこともできるのです。


私が副業を初めて率直に驚いたのが、「自分のスキルってお金になるんだ」ということです。


会社ではエクセルが得意であろうが、タイピングスピードが速かろうが給料は変わりません。


せいぜい周りから「すごいね!」と言われるだけです。


副業ではあなたのスキルを欲しているクライアントが大勢いますので、是非とも今回の記事を参考に「強み」を探してみてください!

クラウドソーシング「ランサーズ」
タイトルとURLをコピーしました