!この記事にはプロモーションが含まれていることがあります

【2022芦ノ湖解禁】解禁直後のトラウト爆釣パターンを紹介

スポンサーリンク
釣り

毎年恒例になりつつある、解禁直後の芦ノ湖へ行ってきました!
去年は大爆釣でしたので、今年もお祭り騒ぎになるか!?と期待に胸を膨らませての釣行となります。

こちらは以前の記事です。

【2021年】芦ノ湖解禁!子供でも簡単に釣れる方法を紹介
毎年3月1日といえば、芦ノ湖の解禁日です。 釣りをしない人からは「なんの解禁日よ?」とツッコミが入りそうですが、芦ノ湖は禁漁期間がありますので、3月1日を皮切りに釣りができるようになります。 釣りバカな筆者とその子供は、芦ノ湖解禁を今か今か...

それでは今年の模様をご覧ください!

芦ノ湖トラウト解禁はポイント選びが重要

とにかく寒かった・・・

結論から申し上げますと、私自信は惨敗でした。。。
ただ、別船の長男と義弟ペアは大爆釣という、ポイント選びが命運を分ける釣行となりました。
今年も大減水中の芦ノ湖ですが、だいぶシャローエリアにトラウトが集まっている様子で、しかも回遊が早い。
私は8mラインのボトム付近を中心に探っていましたが、アタリすらないままポイントを右往左往。
他の釣れている人を見ると、ほぼおかっぱりのシャローエリアで釣っている。笑
釣れているのもフライや、スプーンでしたので中層より上。

もと
もと

ボトムじゃ釣れない訳です・・・

別船の長男ペアは、5mラインをフェザージグやスプーンでコンスタントにトラウトを釣っていました。
イクラの脈釣りはまったく反応ないのに、なぜか長男の竿には好反応するのはなぜ??と思ったら棚をボトムから離していたみたいです。

で、でかい・・・
もと
もと

やるな~( ゚Д゚)

ということで、解禁直後の芦ノ湖トラウトはシャローエリア攻略が鍵となります。
ただし、絶妙におかっぱりでは届かないポイント(遠浅からの落ち込んでいるブレイク付近)ですので、数釣りならボートの方が釣りやすそうです。

もと
もと

今年はおかっぱりで釣っているシーンを見かけませんでした。

芦ノ湖トラウト解禁直後の爆釣パターン

絶好調の長男

もちろん、日によって変わるでしょうが、今年のトラウト解禁パターンは「中層攻略」でした。
そのため、レンジキープしやすいフェザージグやスプーンがコンスタントに釣れるパターンとなります。

エサ釣りの場合は脈釣りではなく、遊動ウキで棚を調整しながら釣りましょう。
おかっぱりで使用する玉ウキは、棚を深くしづらいので遊動ウキがおすすめです。

海のサビキ釣りに使用するウキを流用します。

すずきボートさんのアドバイスですが、手漕ぎボートの場合、無理に魚を追って動き回らずに回遊を待つのが釣果を伸ばすポイントだそうです。

回遊を待つ!

【芦ノ湖トラウト 】 ヒットルアーとエサ

今回、芦ノ湖トラウトが釣れたルアーを紹介します。 (長男ペアが)
もちろん、私も次回までに購入しておきます。笑

フェザージグ

いや~、もう今回はフェザージグに完敗でした。
特にピンク色のフェザージグは芦ノ湖トラウトにドはまりで爆釣してましたね~。
結果的に、効率よくレンジを変えられるルアーは釣れる確率を高めます。

スプーン

フェザージグ同様、レンジキープしやすいスプーンは外せません。
今回、芦ノ湖トラウトに反応が良かったのはゴールド系とのことでした。

もと
もと

私はオレンジ系を投げていましたが無でした。笑

イクラ

芦ノ湖トラウトをエサ釣りで狙う場合は、定番のイクラは外せません!
2個付けしたりしてアピール力を調整してみましょう。

まとめ

外で食べるカップラーメンはうまい

個人的には、かなり歯がゆい結果となりました。
ただ、長男は入れ食いモードに突入していましたので、ポイント選びで釣果を大きく左右します。
毎度のことですが、一番の近道はボート屋さんにアドバイスしてもらうことです。
これが一番間違いないです。
今回もすずきボートさんにお世話になりました。
次回に続く・・・!

これから芦ノ湖に釣行する方は以下の記事も参考にしてください。

【2022年】芦ノ湖解禁!おかっぱりにおすすめなポイントとタックルを紹介
芦ノ湖フリークのみなさんこんにちは! 今年も芦ノ湖が解禁しました! 筆者の子供たちも今からワクワクしています。 昨年は解禁直後の芦ノ湖で良い思いをしましたので、昨年同様トラウトからワカサギまで色々な釣りを楽しむ予定です。 昨年の様子はこちら...

コメント

タイトルとURLをコピーしました