【芦ノ湖バス釣り】真夏の芦ノ湖で放流バスを攻略

スポンサーリンク
釣り

子供が夏休みということで、真夏の芦ノ湖へバス釣りに行ってきました!


夏でも涼しい芦ノ湖は、まさに避暑地といったところです。


山々に囲まれた最高のロケーションですので、子連れで夏休みを満喫するにはうってつけのフィールドなのです。


「子供にバスを釣らせたい」
「大自然を満喫したい」
「あわよくば自分も釣りたい」


そんなお父さん方に必見な内容となっています。

真夏の芦ノ湖で放流バスを釣る方法

でっぷりとした放流バス

芦ノ湖でバスを釣るには、「おかっぱり」「ボート釣り」の2択になります。


筆者は普段、地に足つけるおかっぱり派なのですが、子供たちと釣りに行くときはボートを借りてしまいます。


ボートを使用すれば、周りに気にせず釣りができることと、ボートに乗ること自体が子供たちにとっては楽しい時間になるからです。

もと
もと

おかっぱりだとチョロチョロ動かれて困るので。。。

真夏の芦ノ湖はボート釣りがおすすめ

おやつを食べながら釣る

「ボートってお金かかるでしょ?」と思うかもしれませんが、1日5千円弱で楽しめたら安いのではないかと思い、最近は積極的にボートを借りています。


なんといっても、ボートを借りることで、桟橋で釣りができることがメリットなのです。


桟橋にはたくさんの魚たちが集まるため、ボートで釣れなくても桟橋で入れ食いなんてことが多々あります。


ボート屋さんによっては、バスを寄せ付ける工夫をしているため、釣り堀状態なパターンもあるのです。

もと
もと

せっかく釣りに行くのですから、たくさん釣れた方が楽しいですよね!

ボート屋さんはフィールドを熟知していますので、その日のコンディションや釣れるパターンを教えてくれるのもメリットといえるでしょう。

もと
もと

おすすめは「すずきボート」さんです!

いつもお世話になってます

夏の芦ノ湖に強いルアーとは?

トップでも釣れます

子連れで芦ノ湖に釣りに行く方は、以下のおすすめルアーを準備していきましょう。


また、芦ノ湖はプラスチック素材のワームが禁止ですので、ポークの準備も忘れてはいけません。

もと
もと

似たような系統であればOKです!

①POP-X/メガバス

息子が今回惜しくもバラしてしまいましたが、放流バスにはポッパーが効果的です。


小魚というよりは落水したセミのようなイメージで、ワンアクションとポーズを繰り返す動かし方に好反応でした。


あまり大きく移動させず、点の動きでバスを誘いましょう。


ポッパーを使用する際は、フェザーフック付きのものがおすすめです。

②ソウルシャッド/ジャッカル

見えバスに効果的なのが、サスペンドタイプのシャッドです。


バスの視界に入る場所でロングポーズさせ、興味を示したところでワンアクションを入れて捕食スイッチを入れましょう。


クリアウォーターの芦ノ湖では、チャート系のカラーがおすすめです。

③TNバイブ/ジャッカル

バスの反応を広範囲にサーチするには、バイブレーションが欠かせません。


一口サイズのTNバイブは、放流バスにおすすめです。


養殖場で育った放流バスは、縦の動きに反応が良いので、リフト&フォールをアクションに取り入れながら探ってみてください。

④ 釣り吉ホルモン /ピッグダディー

ワームが禁止の芦ノ湖では、ポークが鉄板のアイテムとなっています。


ルアーに反応が悪いときは、切り札として使用しましょう。


ピッグダディーはデカバスにも効果がありますので、ラバージグでボトムのゴロタ場を攻略しましょう。

⑤釣り吉ホルモン/豚角(小)

少し割高ではありますが、釣り吉ホルモンのポークは身切れがしづらくて使いやすいです。


ダウンショット、ジグヘッドリグでスレバスを攻略しましょう。


反応が悪い場合は、カットして短くするとバイトまで持ち込みやすくなります。


ダウンショット、ジグヘッドリグでスレバスを攻略しましょう。


反応が悪い場合は、カットして短くするとバイトまで持ち込みやすくなります。

今回も釣り吉ホルモンは裏切らない!

子連れならエサを忘れずに!

ワカサギを釣ってからエサにするのもあり

「確実に子供に釣らせたい!」そんなときはエサを準備しておきましょう。


ボート屋さんでもムーチング用のワカサギが売っていますが、事前に用意できれば安く抑えられます。


今回の釣行では、試験的にカサゴ狙いで余ったサバの切り身を持参しました。


「匂い」「フラッシング効果」の影響か?放流バスもサバの切り身で釣ることができました!

とにかく臭い。。。

仕掛けを投入して放置するのではなく、ムーチング同様、アクションを入れて誘うと釣果がアップします。

もと
もと

ムーチングとはワカサギなどをエサにしてトラウトを狙う釣法です。

バスの放流とタイミングが重なれば、入れ食いの可能性も十分あります。


ムーチングであれば、バス以外にもニジマスやヒメマスを狙うことも可能です。

仕掛けと狙う水深を変えれば、ワカサギ釣りにも簡単に切り替えられるのがボート屋釣りの醍醐味です。

ムーチングで仕留めたヒメマス?
ワカサギも美味しくいただきました

ワカサギの仕掛けで迷ったら、1号を基準に針は小さめを選びましょう。

時期によっては空針(エサなし)でも釣れますので、ボート屋さんにその日のコンディションを聞いてみてください。

まとめ

せっかく家族みんなで釣りを楽しむなら、是非ともボート釣りを満喫しましょう。


道具がない方でも、ボート屋であればレンタルも行っています。


最高のロケーションと、コンディションの良い魚たちを求めて、週末は芦ノ湖へ向かいましょう!

芦ノ湖解禁の釣り方についてはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました