【副業の準備】お金を生み出すのはあなたの経験!スキルの掛け算で副業にコミットしよう

スポンサーリンク
副業

今回の記事で特に読んでいただきたいのが、


「自分に自信がない」
「副業に活かせるスキルがないと感じている」


という風に感じている方々です。


誰しも得意なこと、好きなことは一つでもあるはずです。


特に日本人は自分に自信がなかったり、謙遜する美徳があるため自分の能力を過小評価しがちです。


本業でエゴイストになれとは言いませんが、副業では失敗を恐れず、自分の内に秘めたパワーを解き放ちましょう。


あくまで(副)業ですので、いくらでもやり直しは可能です。


「自分に向いていないな」
「商売にするには違うな」


と感じたら自動修正をすれば良いだけです。


私も「自分には才能がない」とずっと思っていましたが、自分を見つめ直すきっかけを与えてくれたのは、労働組合の執行委員経験でした。


これまで小学校時代ですら委員会活動を行ったことがなかったのですが、


「誰とでも話せて人当たりがいい」
「いつも笑顔で人の悪口を言わない」
「聞き上手」


などなど、自分では気づけなかった良い部分を見出してもらい、20代ながら1,000人規模の会社の執行委員を4年経験させてもらいました。


パソコンのスキルも広報活動を通じて磨き、気づけば委員会の議事録をパソコンでタイピングできるまでに成長しました。


このように自分自身の内に秘めているパワーというのは案外気づきづらいものです。


では実際に、どのようにして「得意分野=向いている副業」を見つけ出せば良いのか、詳しく解説していきたいと思います。

これが理解できると本業でも役に立ちますので必見です!

スキルの掛け算で生み出す「あなただけのオリジナリティ」

いきなりですが、皆さんはドラゴンクエストをプレイしたことありますでしょうか?


物語の中で「転職」というシステムがあり、例えば


「戦士×武闘家=バトルマスター」
「魔法使い×僧侶=賢者」
「戦士×魔法使い=魔法戦士」


といったようにスキルの掛け算で能力をアップしていくというシステムになっているのですが、まさに現代社会でも同じ理屈で応用を利かすことができます。


「PCスキル×ブログ好き=Webライター」
「絵が得意×SNS好き=LINEスタンプクリエーター」
「インスタグラマー×手芸好き=アクセサリーショップオーナー」
「ゲーム好き×目立ちたがり屋=ゲーム解説ユーチューバー」


などなど、スキルの掛け算で数えきれないほどの能力を発揮することができます。

筆者は「整備士」×「ライター」×「釣り人」というニッチな存在です。


自分が短所と思っていることも、実は広い視野で見ると長所にひっくり返るというのは非常によくあることです。


「人付き合いが苦手=一人で淡々と仕事をこなせる」
「落ち着きのないおしゃべり=明るい話し上手」


このように自分自身の短所を長所に変換することができますので、スキルが見当たらない方はまずこの作業から進めてみることをおすすめします。


是非とも自分だけにしかできない、オリジナリティ溢れる才能を探し出して副業に活かしましょう!

まとめ

私もそうでしたが、意外と自分自身のことを理解できていないという方が多いと感じます。


副業に限らず、自分の能力の棚卸しいうのは転職の際にも役立ちますので、自己分析を兼ねて実践してみることをおすすめします。


「自分にはできない」
「副業なんて向いていない」


と、自分に蓋をしてしまうのだけは絶対にやめましょう。


仮に会社では年功序列要素が強く、自分の力を発揮できない、輝けない人でも、副業ではあなたが主人公なのです。


今回の記事を参考に、自分の強みを発見することができる人が一人でも多くいればこの上なく幸せです。

クラウドソーシング「ランサーズ」
タイトルとURLをコピーしました