【製造業歴10年】工場勤務者におすすめな副業・注意点を解説します

副業

今回は筆者自身も勤めている工場勤務の方におすすめしたい副業をご紹介します。


会社では頑張っても頑張っても給料には反映しづらい給料制度や、そもそも言われたことを確実に遂行することが作業員のミッションなためどうしても査定は常に標準になりがちです。


「入社してから無事故無災害」
「作業スピードと正確性は誰にも負けない」
「安全と改善意識を常に心掛けている」


このような方でも周りのダメダメおじさんの方が給料高いなんてざらです。


そんな職場に身をまかせていては、給料が上がらないどころかポテンシャルを発揮できないまま市場価値すら下げてしまう事態になってしまいます。

もと
もと

労働組合の執行委員を経験して定昇と査定に期待はできないと悟りました。

そんな悩める工場勤務の皆さんでも、副業に猛烈コミットすれば悩みも解決です。


副業をはじめれば


「収入アップ」
「スキルの向上」


の2つを同時に手に入れることができます。


今回は筆者が幾度となく実践してきた副業経験を元にご紹介しますので、是非参考にしていただければと思います。

【工場勤務でも副業はできる】結論、おすすめNo.1はクラウドソーシング

工場勤務であれば三交替勤務などを含め、1日のやることがルーチン化されていることが多く、プライベートの過ごし方は割と自由なことがメリットと言えます。


このプライベートの時間を有効活用して副業にフルコミットしていきましょう。


中でも身体に負担を掛けづらい副業としておすすめしたいのが、筆者も活用しているクラウドソーシングです。

もと
もと

筆者はランサーズをメインに活用しています。

クラウドソーシングの体験談は以下の記事をご覧ください。

【ランサーズ体験談】クラウドソーシングは稼げる?Webライターを2年続けてみた感想
サラリーマンや主婦を中心に活用されているクラウドソーシングですが、実際のところ稼げるのかどうか気になる方が多いのではないでしょうか? 「サラリーマンでもできるかな?」 「主婦でもできるかな?」 「そもそもライターって誰でもできるの...


筆者は20代の頃から様々な副業に手を出してきました。


「労働を伴うアルバイト」
「物販・せどり」
「FX」
「仮想通貨」


など思いつくことはとりあえず手を出してきました。

もと
もと

友人の勧めでア〇ウェイにも手を出しましたが早々に離脱。笑

どの副業も稼ぐためのプロセスは理解したものの、すきま時間を利用してやるには少ししんどいと思いどれも続きませんでした。


クラウドソーシングであれば自分のペースでやりたいときに進めることができますので、すでに筆者自信も工場勤めをしながら2年以上継続して続けられています。

ではさらに掘り下げてクラウドソーシングがおすすめな理由を解説していきます。

【製造業勤務者が語る】工場勤務にクラウドソーシングをおすすめする理由は3つ

オフィスワーカーや営業とは違い、勤務時間が割かしハッキリとしている工場勤務者は副業しやすい業種と言えます。


特にクラウドソーシングであれば不意の残業でも時間調整がしやすいので、自分のペースで副業を進めることができます。

クラウドソーシングで受注できる案件は主に


「ライティング」
「ロゴデザイン」
「ネーミング」

などなど得意なスキルを活かして仕事探しをすることができます。

もと
もと

「スキルがない・・・」そんな初心者の方でもできる仕事はあります。

【副業デビュー】超初心者向け!ランサーズのタスク案件で1万円稼ぐ5ステップ
今回の記事では 「お小遣い程度に稼ぎたい」 「子育てしながら稼ぎたい」 「副業をはじめてみたい」 こんな方々に向けて「簡単」「ローリスク」ではじめられるお小遣い稼ぎをご紹介します。 クラウドソーシングサービスの「ラ...


では具体的にどのような部分がおすすめなのか、3つの項目に切り分けてご紹介します。

①完全能力主義

副業にコミットした経験やスキルというのはすべてあなたのステータスになります。


会社ではどんなに個人レベルで頑張っても収入や査定に直結させることは難しく、それよりも上司に気に入られたり、職場の人数構成などが査定に大きく影響してしまいます。


副業であれば頑張れば頑張った分だけ自分の財産になりますので、「やれば青天井」「やらなけらば0」の完全な能力主義と言えるでしょう。

②すきま時間の有効活用

三交替勤務の方でもすきま時間を利用してできるのがクラウドソーシングのメリットです。


昼夜問わずプライベートな時間が変則的に変わる勤務形態ですので、自分のペースで仕事を進めることができることが副業に求められます。


筆者の職場には日雇いのアルバイトをしている先輩もいますが、夜勤明けにそのまま直行しているので心身ともに健康的とは言えません。


さらにバイト先で大きなケガをしてしまったら大ごとになってしまいます。


プライベートのすきま時間をムダなく有効活用するためにも、在宅でも可能なクラウドソーシングの副業はうってつけのサービスと言えるでしょう。

③デスクワークのスキルアップ

現場作業者が伸び悩むスキルの一つとしてデスクワークがあります。


日常的に現場で働いているとパソコンに触れる機会が少なくなりますが、副業でパソコンを使用していれば本業にも活かせるスキルが自然と身につきます。


エクセルワードを使いこなすことができれば、現場でも重宝されますので一石二鳥と言えるでしょう。


筆者のようにライターとして活動していると、読者目線でライティングを心掛けるようになりますので、論理的に物事を説明できるようにもなります。

最後に、副業が禁止されている会社での対応策をご紹介します。

【副業禁止対策】副業が会社にバレる可能性を限りなく「0」に近づける方法

工場勤務にクラウドソーシングがおすすめな理由として、副業がバレづらいという理由があります。


アルバイトであれば勤務中に目撃されてバレてしまいますが、在宅勤務が可能なクラウドソーシングであれば目撃されることもありません。


ただし油断は禁物で、以下の2つに十分注意しましょう。

①噂話

副業で継続的に収入を得ることができると、ついつい人に言いたくなってしまいます。


仕事の休憩中などのポロっと話してしまい、瞬く間に噂が広まってしまった先輩を何人も見てきました。


自慢したくなる気持ちは分かりますが、グッとこらえて毅然とした態度で副業をこなしていきましょう。

②住民税

副業をはじめたばかりで気にする必要はありませんが、収益が上がってきたらきちんと確定申告を行いましょう。

もと
もと

年間の副収入が20万円以上あると所得税の確定申告が必要です。


通常、サラリーマンですと住民税は「特別徴収」という形で毎月の給料から差し引かれます。


本業で稼いだ給料を会社が市区町村の役場に届け出することで、住民税の金額が算出される仕組みとなっています。


副業がバレてしまう原因として、副業分の収益を本業と同じ特別徴収にしてしまうことで合算された額が市区町村の役場を通じて会社に報告されてしまうのです。


結果「本業の年収に対して住民税が多いな?」といった具合にバレてしまうのです。


ですので必ず住民税の確定申告をする際は「普通徴収」の項目にチェックを入れて申告しましょう。

詳しくはfreeeの「副業の基礎知識」をご覧ください。

もと
もと

freeeでは毎月の帳簿作成から確定申告まで簡単に行えます。

まとめ

製造業の従業員として10年間も勤めると、さすがに給料面、査定制度の限界を感じずにはいられません


ましてや労働組合の執行委員も経験しているため、プロパー社員には追い付くことができない現状や、ベースアップも過去の栄光なのだと気づかされました。


ただし、副業で収入源の多様化に成功すれば、安定した生活基盤を確保しながら収入も増やすことができます。


「工場勤務+副業」はワークライフバランスの観点から見ても得策ではないかと自身の実体験を元に感じていますので、皆さんもポイントを抑えて副業にトライしてみてください。

クラウドソーシング「ランサーズ」
タイトルとURLをコピーしました