【ランサーズ中級編】文字単価1円で月5万円稼ぐ方法&単価アップの交渉テクニック

副業

今回の記事では、


「ランサーズで副業ライターをしている」
「副業で月5万円稼ぎたい」
「単価を上げて今よりも稼ぎたい」


このような方々を対象に解説をしていきたいと思います。


筆者は認定ランサーとして700日以上ランサーズを利用してきたいわばベテランです。


ちなみに5万円を超えたのはランサーズ登録から約1年後になります。

※2019年以降は直接取引メインになりランサーズ収入は減っています。

「どうしても5万円の壁を超えることができない」


といったように副業ライターであれば一度はぶつかる大きな壁が5万円です。


タスク案件であれば2~3万円稼ぐことは簡単なのですが、そこから一歩前進するのが難しいのです。

【初心者向け】副業ライターとして確実に月3万円稼ぐための5ステップ
ここ最近、サラリーマンの方を中心に副業をはじめたいという方が増えてきました。 「副業で稼ぎたいけどこれといったスキルがない」 「Webライターなら初心者でもできるって聞いたけど本当?」 「文章作成なら自分でもできそう」 こ...

タスク案件で5万円稼ぐには膨大な時間と労力が必要ですので、サラリーマンがすきま時間を利用して稼ぐには少々無理があります。


そこで今回は脱3万円を目指し、副業ライターとして月5万円を稼ぐ方法を実績に基づいてご紹介していきたいと思います。

何度も申し上げますが、実績のある方法ですので真似するだけでOKです。


それでは前置きはこの辺りにして、本題に参りましょう!

【副業ライター向け】文字単価1円で月5万円稼ぐ!1日3時間の作業で目標達成

まずは月5万円を稼ぐためのプランを考えていきましょう。


筆者は8時~17時まで本業の仕事があることと、帰宅後は子供たちの相手をしなければならないので副業の時間は21時~24時までの3時間となります。


では1ヵ月の流れをざっくりと紹介します。

moto
moto

前提条件は以下の通りです。

※毎日作業する。
※1記事5,000文字で計算。
※ランサーズの手数料は抜いて試算。

作業時間・・・3時間×30日=90時間

原稿料・・・5,000文字×1円=5,000円

報酬・・・5,000円×10本=5万円/月

ライティングに慣れていない方を想定しても、1記事を8時間で作成することができれば3日に1本のペースで月10本は完了できます。


筆者は平日のイレギュラーな残業や子供を寝かしつける際の寝落ちが度々あったため、その分は休日にリカバリーして対応していました。

moto
moto

子育てしながら副業は正直大変です・・・!

さらにここ最近ビジネス界隈で流行っている「朝活」も時間の有効活用と頭がさえている時間を利用できるため効果的です。


特に仕事や子育てで大変なサラリーマンであれば、なおさら夜はしっかりと寝て疲れを取ることを優先しましょう。

もと
もと

Webライター必須アイテムもチェックしておきましょう!

【Webライター推奨】絶対に使うべきアイテムと便利なアプリを紹介
今回の記事では、 「Webライターを始めてみた」 「これからWebライターを始めてみたい」 「文字入力だけだと飽きる」 こんな方々におすすめのアイテムと便利なスマホアプリをご紹介していきたいと思います。 ライターは...

続いては、少ない労力で効率よく稼ぐための単価アップテクニックをご紹介です。

【実績あり】時間単価を上げる秘策!単価アップしてもらう交渉テクニックは3つ

筆者がランサーズを利用しはじめて最初の半年は、文字単価0.5円くらいのプロジェクト案件を中心にライティングしていました。


趣味の釣りや車に関する記事を書いていましたので、特別つらいとかは思いませんでしたが、効率よく稼ぐには単価アップが近道となります。


では実際にどのようにして文字単価を0.5円から1円にアップしたのか解説します。

①クライアントとの実績(信頼)の積み上げ

文字単価0.5円から1円に上げるまで半年掛かりましたが、その間はとにかく以下の点に気をつけました。

・丁寧なライティング(誤字脱字、ですます調の統一など)
・予定より早く納品する
・積極的にフィードバックをもらう

この3つを常に意識して仕事を進めることで、クライアントとの信頼関係を積み上げていきました。

moto
moto

ライティングのテクニックより丁寧な仕事が大切なのです!

②単価アップの根拠を提示する

やみくもに「単価上げてください!」と伝えてもなかなか交渉はうまくいきません。


筆者は労働組合の執行委員時代に幾度となく会社サイドと交渉してきましたが、提案に対しての「根拠」が非常に重要だと学びました。


「なぜ単価を上げる必要があるのか?」
「単価を上げるとどんなメリットがあるのか?」
「メリットはクライアント側にもあるのか?」


といったように論理的に交渉に臨みましょう。

moto
moto

実際は会社との交渉より簡単にOKもらえました。

参考までにちょっとだけ例文を掲載しておきます。

moto
moto

来月で取引して半年が経ちますね。

クライアント
クライアント

早いものですね。いつも丁寧な仕事ありがとうございます。

moto
moto

アドバイスのお陰で以前より手直しも減ってきたと感じます。

クライアント
クライアント

motoさんの努力の結果ですよ。

moto
moto

そこで提案なのですが、気持ち程度で良いので単価アップは可能でしょうか?

moto
moto

もしよろしければ見出し作成やワードプレスに入稿する作業も行います。

といった具合にGive&Takeの精神でお互いがWinWinになれる交渉が鉄則です。

moto
moto

Giveが多いくらいがベスト!

③新規のクライアントにはポートフォリオの提出

新規顧客を開拓する場合は、これまでの実績をポートフォリオ(作品集)を作ってクライアントにアピールしましょう。


新規のクライアントはあなたのことをどんな人物か知りません。


プロフィールを充実させるとともに、証拠となるこれまでの作品集を集めて交渉材料に使いましょう。


その際、


「今のクライアントとは〇円で取引している」
「クライアントのWebサイトを検索上位に表示させた」


といった実績のアピールを付け加えておきましょう。

まとめ

今回の記事ではなかなか5万円の壁を超えられない方々に向けてアドバイスしてきました。


筆者もはじめのうちは2~3万円稼げれば良いかな?なんて気持ちで副業ライターをはじめましたが、やればやるほど面白さに惹かれ、さらに高みを目指して歩み続けています。


副業ライターとして収入を上げるコツは


「作業時間を増やす」
「時間単価を増やす」


この2つになりますので、是非とも認定ランサーである筆者の実体験を参考にしていただければと思います。

クラウドソーシング「ランサーズ」
タイトルとURLをコピーしました